沖縄のダイビング・シュノーケリングおすすめスポット

沖世界的に見ても美しい海と色鮮やかな魚やサンゴ礁が広がり、ダイビングやシュノーケリングの聖地として有名な沖縄。数多くのダイビングスポットの中でも海に慣れていない初心者からライセンスを持ったダイバーまで楽しめる場所をご紹介します。

ダイビングとシュノーケリングの違いとは

シュノーケリング
ダイビングとシュノーケリングはどちらも海の中をゆったり楽しむ、いわゆる「海の中の散歩」である点は同じですが、シュノーケルは海面に浮かんで外の空気を吸いながら行うのに対して、ダイビングはタンクを背負って完全に海の中に潜って行うので方法が異なります。
楽しみ方で言うと「目線」が違います。シュノーケルは海面から海をのぞき込むのに対して、ダイビングは海と一体になったような感覚で、海の中から海面を見上げることもできます。
また、重たい機材を背負って行うダイビングに対して、シュノーケリングは身軽に行うことができます。
どちらの方が良いということもありません。どちらのそれぞれの魅力があるので、気になったら両方してみることをおすすめします。

初心者にダイビングは難しい?

海の中でタンクから息をしなければならない、深くまで潜るというイメージから「初心者にダイビングは難しいのでは?」と思ってためらってしまう人もいるかもしれません。
確かに、海面で行うシュノーケリングに比べるとダイビングは少々勇気が必要なマリンスポーツであることは確かです。しかし、沖縄では「体験ダイビング」というライセンスを必要としないダイビングを行う人は多いですし、経験豊富なインストラクターも多数います。よほど水が怖いという場合を除いて、初心者でも十分安全に楽しむことのできるアクティビティなのです。

マリンスポーツで外せない「青の洞窟」

沖縄の海
沖縄のダイビング、シュノーケリングスポットとして、どの旅行雑誌にも必ず掲載されているのが「沖縄青の洞窟」。
あたり一面が美しいブルーに光る海。太陽の光のうちの青色の光が透明度の高い海中を通って白い海底に反射し、さらにその反射した光が洞窟内を照らすため、洞窟全体が美しいブルーになるのです。その雰囲気はまさに神秘的で幻想的。沖縄でも唯一無二のスポットと言えるでしょう。
洞窟に入る手前には南の島特有の色鮮やかな魚たちをみることもできるので、1度で2度楽しめる場所でもあるのです。

青の洞窟が初心者からライセンス所有者までおすすめできる理由

青の洞窟は1年中ダイビングやシュノーケリングが楽しめる上、雨の日でも海が荒れていなければ美しさに影響なく楽しめるので、天候にあまり左右されないスポット。スケジュールを組む上でも楽です。
また、泳げなくても楽しめる初心者歓迎ダイビングスポットとして多くの観光客に愛されています。ツアー会社が多いので選択肢も広く、餌付けや水中写真などのサービスも充実しています。シュノーケリングであれば、3歳子どもからでも参加できるものもあるので家族みんなで海を楽しむことができます。
もちろん初心者だけでなく、ナイトダイビングなどのライセンスを持っている人だからこそ楽しめるコースもあります。夜光虫というプランクトンが刺激に反応してキラキラ光り、昼間とはまた違った一面を味わうことができます。

青の洞窟から沖縄の海を楽しもう

沖縄はマリンスポーツも充実しており、ダイビングやシュノーケリングだけでなくさまざまな楽しみ方がありますが、初めて沖縄の海を楽しむという人は、まずは青の洞窟でその魅力を堪能するのがおすすめ。心に残る思い出になること間違いなしです。

what's new

2017-04-25
沖縄のダイビング・シュノーケリングおすすめスポットの内容変更
2017-04-25
ダイビングが怖い人はシュノーケリングから始めようの内容変更
2017-04-25
ダイビングライセンスを持っておけば青の洞窟が数2倍楽しめるの内容変更
2017-04-25
沖縄のダイビングで注意する点は?の内容変更
2017-04-19
企業情報の内容変更
2017-04-19
青の洞窟の楽しみ方!ビーチエントリーとボートエントリーの違いの内容変更
2017-04-19
シーカヤックに乗って青の洞窟へ!海を満喫するマリンツアーの内容変更
2017-04-19
サイトマップを新規投稿